こんにちは。Korutesuです。
 

10月22日に衆議院選がありますね。わたしは特定の党を応援してはいませんので、毎回どこの党に入れようか迷います。
 

今回は政策的に自民党に入れようかと考えています。

今回の選挙の争点は消費税と憲法改正だと自分は思っています。
 

消費税の増税がわたしは正しいと思います。日本は諸外国に比べると消費税が安すぎです。安い消費税に比べて歳出が多すぎて、赤字国債発行につながっています。

消費税を上げて、子育て支援にお金を回すことやプライマリーバランスの黒字化は将来の日本にとってプラスになると思います。今の日本は子育てのコストがかかりすぎです。もっと軽減することで出生率があがることを願います。
 

消費税を上げることによって消費が低迷して、アベノミクスが失速すると言われていますが、それでもわたしは上げるべきだと思っています。長期的に見て、現在の景気を維持するよりも財政健全化が優先事項だと思います。(まあ、わたしはハイパーインフレの可能性も排除はしていません。)

消費税は全世代に負担がいくので平等に税金がとれます。この国は高齢者が増えすぎました。この国を若者だけが支えるのはもう無理だと思うし、国債に頼らない社会を目指すべきです。歳出が増えるのと同時に国債に頼るのではなく、歳入(税収)も増やすべきです。そして、今後を担う子供の数を増やさなければ、日本の衰退は免れないでしょう。
 

憲法改正は、9条の1項、2項を残しつつ、自衛隊を明記することには賛成です。北朝鮮問題や中国の海洋進出などで緊急事態条項も入れるべきだと最近思います。

緊急事態条項は諸外国が侵略してきたときや大規模な災害、テロなどで発令されます。この条項は、緊急事態時に首相が国民を守るもので、議会での手続きを省いて有効な方法を行使できるというわけです。
 

ヨーロッパの多くの国などは憲法の中に緊急事態条項のようなものがあり、緊急事態時に迅速な対応がされています。

しかし、日本にはこのような制度がないので、仮に他国に侵略されるようなことがある場合、議会を通さないといけないので迅速に対応できない場合があります。そのようなことを避けるためにも緊急事態条項は必要だと思います。

今と昔では時代が違うので日本が他国を侵略したり軍国化したりすることはないと思います。そんなことをしたらアメリカが許さないでしょう。日本は今後もアメリカと日米同盟で連携していき、他国への抑止力を高めることによって、日本の平和は守られると思っています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク