こんにちは。Korutesuです。
 

 わたしは、少額投資家なので80%以上、ポートフォリオのほとんどをETFで運用しています。

ETFのメリットは幅広く投資することによって個別銘柄の負の材料が出た時に大幅に下落することが避けられます。

少額投資家に限らずほとんどの投資家は正しく企業価値がわからない場合はETF(主にS&P500ETF)で運用するべきです。

実際、正しく企業価値がわかっている投資家はほとんどいないと思います。個別銘柄に投資している人で長期で市場平均リターン以上を叩き出すのはなかなか難しいです。

なので、わたしは、個別銘柄で良いなと思った投資以外はETFで運用しようと思っています。運用額が1000万円を超えたらちょっと考えますが。
 

しかし、ETFに投資をしていると広く分散されているのでたしかに下落は抑えられますが、上昇も抑えてします。

なので自分がこの銘柄なら勝負しても良いと思ったら勝負をしてみるべきだと思います。その勝負に勝ったなら自分に自信が持てます。

やはり、大きく資産を拡大している投資家は大一番で大きく賭けています。

勝負をするべきと思った自分がいるなら勝負をしても面白いと思います。

ただし、信用取引はわたしはおすすめしません。自分が勝負できる範囲で勝負するべきです。

レバレッジをかけることはたしかに勝った時大きく儲けますが、もし負けたときのダメージは悲惨です。

わたしは株式にレバレッジをかけることはおすすめしません。
 

みなさんに良い投資を。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク