こんにちは。Korutesuです。

昨日は12時くらいに寝ようと思って布団に入ったのですが、どうも寝られない・・・

そして結局、2時くらいまで寝られなかったのですが、相場をちょくちょく眺めていたら、  ハイテク株が急落しているではないか。今年でこんなにハイテク株が下げたのは初めてではないでしょうか?一時的な調整か?と思ったら

広瀬隆雄さんがツイッターでアマゾン、フェイスブック、エヌヴィディア、ビザなどのグロース株が総崩れになっているのは、10年債の動きで逆を突かれたグロース・マネージャーが慌ててリスクを落しているから。といっていました。


今後ハイテク株が売られる要因になるのではないかと言われているのが税制改革です。

税制改革が成立したら、一部調整が来ると言われています。税制改革はわたしは今の所、年内成立は厳しいのではないかと思っていますが、2018年に成立はすると思っています。

なので2018年に税制改革が成立したならば、利益確定の調整が来るかもしれませんが、それは過去の経験則からの予測です。

今年がアノマリーでは下落相場と予想されていたにもかかわらず、2017年は強気の上昇相場が続いたことから、必ずしも税制改革が成立したからといって、調整がきて下落がくるとは言えないかもしれません。

ジンクスは崩されることもときにはあります。さらに税制改革が成立するかもまだわかりません。
予想とは違った相場になるときにドルコスト平均法は有効だなって思います。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ポチッと応援お願いします

スポンサーリンク