こんにちは。Korutesuです。

 
このチャートなんだかわかりますかね?
09


このチャートは上からQQQ、VGT、 VTI、VOO、VT、VWOとなっています。このチャートから見るにVWOは2010年から保有しても-2%の含み損担ってしまっています。

VTも64%とS&P500に比べると2倍以上の差がついています。

VTI、 VOOは135%とまずまず、7年保有していたら、キャピタルゲインだけで評価額が2倍以上になっています。

その上を行くのがVGT7年保有し続けたら、キャピタルゲインは3倍になっています。

さらにその上を行くのが、QQQ3倍ちょっとのキャピタルゲイン。

これが、ハイテク大国アメリカの強みです。

新興国ETF、VWOは経済成長著しい国を取り入れて入れているのにこのパフォーマンスは正直ひどいかなー。。。


ハイテク産業への投資は、今は割高だと思いますが、調整時や暴落時に投資すれば、後々面白い結果が出ると思います。 

ですが、強気相場の今何が起こりかわからないだから、安定的に市場平均を取りに行くというのも最善策ではあると思います。VOOとVTIは安定的です。

シーゲル教授は世界分散投資を提唱していますが、それはその通りだと思います。今後、新興国、中国、インド、東南アジア、ブラジル、ロシアは、急激に成長する可能性があります。

上のチャートでは、新興国はアメリカには勝っていなかったですが、今後はどうなるかはわからないです。金融大国アメリカがパフォーマンスで勝つか、新興国が、急激な成長をして世界経済を引っ張って良いパフォーマンスを出すか。

まあ、わたしは、アメリカにだけ投資を継続しますけどね。笑
 

スポンサーリンク