こんにちは。Korutesuです。


日銀の出口はあるのかなぁ?


おそらく、日銀が、出口戦略を始めると、再び、円高になると予想しています。さらに、利上げを始めると日本国債の利払い費が増加して、日本政府の歳出が増加することはもう既に分かっているので、低金利を続ける必要があります。


日銀が出口戦略を取ると円高、国債の利払い費増加、株価下落、デフレーション、など、いいことが一つもない。。。


しかも、まだ、日本の景気がよくなっていないから、出口戦略を取る必要がないので、今はいいのですが、いづれかは出口戦略を取らざるを得なくなると思うし、リーマンショック級の打撃が来た時に出口戦略をとっていなければ、、日本は金融政策を取れなくなってしまいます。


ずっと、不景気のままの状態がつづいてしまうおそれがあるため、日銀は出口戦略を考える必要があります。


しかし、わたしは、日銀は、現状、出口戦略はないのではないかと思っています。



なぜか、それは、日銀は日本国債を日本で1番多く買っているし、利上げをすれば、国債の利払い費が増え、日本は、雪だるま式に、借金が増えるからです。利上げすれば、借金のスノーボールの出来上がり。。。



日銀が日本国債を買い支えなければ、日本国債は、金利が急騰し、暴落します。なぜなら、今の金利では買い手がつかないから。


こんなに、リスクが高くて借金の膨大にある国の国債なんて買う人はいないのでは。。。では、なぜ今、低金利なのかそれは日銀が国債を買い支えてるからに他なりません。


日銀が日本国債のマーケットからいなくなれば、まずいことになります。だから、日銀は、国債マーケットにい続ける必要があります。


20
23
40

出典:http://www.garbagenews.net/archives/2126503.html

日銀が2018年には、民間銀行が保有している日本国債よりも多くなります。


このまま、日銀が国債マーケットからいなくなれば、やばいことになるので、日銀は、日本国債を買い続けなければなりません。



わたしは、日本のハイパーインフレの可能性は今後はあると考えています。


どのようにハイパーインフレになるかはわかりませんが、なる可能性は十分にあるとみています。


なので超円安のことも考え、ドル資産を持つようにしています。


不確実な時代には何が起こるかわかりませんので、資産のアセットロケーションは円通貨だけでなく、海外資産や金や不動産を持つことも考えた方がいいと考えています。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク