こんにちは。Korutesuです。




昨日の夕方、電車に乗っていたら、Twitterが仮想通貨で賑わっていました。なんでこんなにみんな騒いでいるのだろうと、ソース元を調べていくと、どうやらヤフーニュースでコインチェックが、650億円相当のNEMというコインが不正アクセスによって盗まれたかもしれないというニュースが流れていました。



これってやばいんじゃない?マウントゴックスを超えるハッキング金額だし、と思っていてコインチェックのアプリのチャートを見ましたが、そこまで狼狽売りはされていませんでした。



そして、夜になるにつれてやばいんじゃないか?とういう雰囲気が漂いつつありました。




また、NEM財団代表のLon氏は「コインチェックはNEMのマルチシグコントラクトを使用していなかったため、NEMが盗まれた。NEMの脆弱性ではないためフォークは行わない。今回の盗難は仮想通貨史上最大の被害額だ」と発言しました。



まあ、これは、NEM財団代表が我々は悪くない。悪いのはコインチェックだと言っているのと同然ですね。




夜11時半にコインチェックが記者会見を開き、580億円相当の仮想通貨がハッキングされた事実が会見で発表されたのですが、仮想通貨はあまり暴落しませんでした。これは、NEMに問題があるのでは、なく
コインチェックに問題があったために暴落しなかったと思います。




しかし、コインチェックに資産がある投資家は、自分の資産がどうなるのか不安になっている印象がとてもあります。




自分ももし仮想通貨を買っていれば、相当焦っていたと思います。




わからないものに投資しない。こういう言葉がありますが、今回はこれとはまた違った感じだと思います。今回は、投資家が悪いのではなくて、取引所のコインチェックの管理が悪かったのかとわたし自身は思っています。




投資家もお金を預けたという事実は確かですが、その資金管理をきちんとすることが取引所には求められていたはずです。また、その資金管理がしっかりできなければ、資産を安全なところに移すことを大胆に勧めることやあんなに大胆にCMを打つことはしてはいけないと思うのです。




今回の騒動は本当に投資家がかわいそうです。




コインチェックが今後どうなるかわかりませんが、おそらく倒産だと思っています。倒産したら、仮想通貨や預けていた資産はどうなるかが今後焦点になってきそうですが、まだ保証されるかどうかという情報はないので、一部補償されるか最悪なにも返ってこないということがあるかもしれません。




49



現在、あまり下落はしていません。しかし、今後もこのようなニュースや各国の規制があると考えられるので投資家は注意が必要だと思います。




仮想通貨の焦点はあくまでブロックチェーンであり、取引所のハッキングリスクではないことから相場が悲観的になっている印象があるので、この悲観相場がいつまで続くか。そして、今年は、イーサリアムのアップデートなど好感なニュースもあるため今後の相場にますます注目が集まりそうです。




わたしは、今のところ投資は検討していません。4月まではちょっと様子をみたいと思います。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク