こんにちは。Korutesuです。



QQQだけを買い持ちする戦略はわたしはかなりいい戦略だと思っています。





過去記事にチャートから見る成績という記事を書いたのですが、この記事によれば、QQQが過去にもっともリターンがあることがわかります。




しかも、ここ10年は、市場平均よりも高いリターンを出しているのです。7年間で3倍の値段になっています。これは、かなり有望なETFだと思っています。さらに、QQQは、個別株ではないのでナスダック全体を買い,
分散投資もできてしまう。優れものです。






アメリカと言ったら何と言ってもハイテク大国。ここに投資妙味が非常にあることがわかります。そして、今後もハイテク技術の先進国という流れは変わらないと思います。




QQQの銘柄上位(2018/2月現在)

投資信託組入れ上位銘柄

名称数量ファンドの割合
41.99 百万6.74 十億10.64
63.09 百万5.79 十億9.14
3.94 百万5.64 十億8.90
19.51 百万3.71 十億5.86
2.86 百万3.18 十億5.02
2.44 百万2.73 十億4.31
38.29 百万1.77 十億2.79
40.44 百万1.66 十億2.61
38.16 百万1.57 十億2.48
4.96 百万1.16 十億1.83

*引用:ブルームバーグ

アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、アルファベット、エヌビディアその他...これらを一気に買う方法はQQQのETFを買い付けるほかありません。

ITの巨人の巣窟です。素晴らしい銘柄たちが揃っており、知らない企業はないと思います。





せっかく、アメリカ株投資してるのでハイテクの巨人たちをポートフォリオに加えてもよろしいのではないかとわたしは思います。


QQQの長期チャートです。
14

ITバブルの時には、かなり株価が上がっていました。この時に高値を掴んでしまった方は、2013年くらいまでは含み損ということになります。ううううおそろしあ。。。






このチャートでは、リーマンショックでは、あまり下げが見受けられませんが一応は下げているようです。2010年からの株価の伸びがやばいですね。ずんずん伸びてます。IT企業の業績が堅調に推移する限りはこの上昇は続く可能性があります。QQQは今後も株価が伸びていくとわたしは予想しています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク