こんにちは。Korutesuです。



みなさまゲームはやりますか?わたしはまあまあやる方なのですが、最近話題になっているゲームがあります。


その名も荒野行動




このゲーム、今、世界中で流行っているようで日本でもかなり若者を中心に話題になっています。わたしの友達も結構やっているひとがいます。もとはと言えば、ここ1、2年くらいは、PUBGというゲームが全世界で流行っていたのですが、荒野行動はスマホで偽のPUBGみたいなものができるというので人気になっています。



荒野行動は、2017年に11月にリリースされた後、PUBGから似たゲーム性から話題を集め、2017年12月14日時点で全世界で登録者数が1億人を突破しました。



これすごくないですか?リリースされてからわずか1ヶ月で1億人の登録者数はさすがに早すぎだと思います。しかし、世間では、PUBGをスマホでできるようにした、ただのパクリゲームだとも言われています。


そしてこの荒野行動というゲームは配信会社は中国の企業ですが、ADRでNasdaqに上場しています。



ゲームの会社は網易(ネットイース)コード:NTES

18


このチャート見ていただくとわかるのですが、荒野行動リリース11月から株価が爆上げしてます。しかし、最近の株価はゲームが話題になっているのになぜか株価が冴えません。



これは、荒野行動が一過性の話題になっているだけであり、長期的なトレンドのゲームではないと投資家が判断しているのではないかとわたしは思っています。(もとはといえば,PUBGのパクリですし、PUBGも最近スマホ版ゲームを出しました)また、このゲームは無料でできるだけあり、利益率が全くなかったりします。現状、ネットイースはこのような無料ゲームでプラットフォーマーとして多くのユーザーを獲得することが狙いではないかと思います。だから、現状、ユーザーの囲いこみにすぎないということです。



先ほど、荒野行動はPUBGのゲームのパクリだと書きましたが、ではPUBGはどの会社がリリースしているかというと韓国のBlueholeという会社が出しています。このBlueholeという会社はちょっと前にテンセントが中国での運営独占権を獲得したことがニュースになっていました。テンセントは中国の規制当局や検閲官の要求を満たすためにゲームを修正するということです。



また、コンテンツに調整を加え、社会主義の中核価値、中国の伝統文化、道徳的規範に合致していることを確認すると発表しています。『PUBG』は、以前より「社会主義の中核価値と中国の道徳的ルールから逸脱している」として中国国内で規制の動きが見られていましたが、テンセントがゲームを修正することでPUBG自体は中国でも問題にはならなくなりそうです。



やはり、話題を追わないことは重要だと思いますし、親もとに投資をした方がいいとわたしは思っているので、ネットイースへの投資はしないほうがいいと考えます。また、わたしが投資をしようと思うのはやはり、中国の検閲も担える世界最大のゲーム会社テンセントがやっぱり強いと思うし、投資をしたいなーと感じさせます。




でも、ちょっと思うのはテンセントはゲームへの投資に力を入れているみたいですが、よくそこまで収益が出せるなと思っています。


52

(ちょっと古いデータですが)テンセントの収益は5割はゲームからの収益です。SNSにはWechatなんかもかなり有名ですが、ゲームの売り上げの方が多いいのは利益率がかなり高いのだと感じさせらせます。テンセントのゲームといえば、やっぱりLOLが超有名ですよね。


16

業績も右肩あがりで、ROEもかなり高いです。しかし、この業績がいつまで続くかが問題ですが、まだ心配はいらないと思います。おそらくは、今時価総額1位はアップルですが、テンセントはアップルを抜くポテンシャルは持っていると私自身は思っています。




テンセントはかなり優良企業でグロース銘柄ですが、残念ながら、アメリカではなく香港に上場しているので、興味がある方は株価が下がったところで買ってみても面白いかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク