こんにちは。Korutesuです。



昨日のダウ平均はプラスで始まっていたのに引けにかけて売られ、-1.5%で終わりました。月末でしたので、利益の確定売りが多かったのではないかと思っています。



S&P500も-0.94%と売られました。特に売りで目立っていたのは、生活必需品や高配当でした。FAANG銘柄の代表株である。アマゾンは、+0.27%でアップルも+0.08%とプラスでした。



FAANGは、やはり強い。



生活必需品は、最近、かなり売られていますが、今が買い時なのでしょうか?




P&Gは1月後半からかなり下落して、以前より割安になっています。
ちなみに昨日は、-2.24%と大幅に下落しました。

11




短期では、かなり暴落しています。RSIも売られ過ぎを示す30になっています。では、長期ではどうでしょう。

18



直近では、2015年のチャイナショックの時に70ドル台まで暴落しています。また、リーマンショックでは、50ドル台まで暴落をしています。


長期で見る限りでは、今の株価はわたしは割安に放置されているようにも見えますが、高配当株は金利上昇に弱いため、まだ下落するのではないかと思います。



また、チャートを見ると上値が重いようにも見え90ドルより上になかなかいけていないです。


PERです。

PE Ratio (TTM)20.94



ん〜。20台にまだのっています。perが16〜18くらいになったら、割安になったのではないかと言えそうですが、現状ではまだperの観点で見れば株価は高いと言えます。



P&Gの魅力はなんと言っても高配当、60年連続増配銘柄です。これは、投資家に揺るぎない魅力だと思います。

現在の利回り:3.38%


なかなか利回りも上がってきています。利回りを投資判断として、4%になったら買おうとか決めても面白いと思います。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク