こんにちは。Korutesuです。


昨日のダウはコーン氏辞任のニュースをうけて先物などが下落していましたが下落は一時的だったようです。
ダウ平均は-0.33%でした。
ダウチャートです。

01


ん〜。下ひげも100日線のサポートラインを維持できています。よくない形のチャートですが今後も乱高下は続くと思います。



50日線の青チャートに注目してください。2月初頭の急落後少しずつ切り下がっていることが確認できます。これがどんどん切り下がり100日線とクロスする勢いで下がっていったならば、ダウ平均は上昇トレンドを維持することが困難になると思います。なんとか上がってってもらいたいです。



FAANG銘柄、アマゾン+0.39%、google+1.32%、フェイスブック+1.94%、アップル-1.02%、Netflix-1.31%


google、フェイスブックが強かったですね。
フェイスブックはチャート的には2月の急落をまだ回復していません。

38

やっと50日線を回復しました。不調ですね。
そもそもわたしは今からのフェイスブックの投資にはちょっと懐疑的です。それは、フェイスブックやインスタグラムは今後も皆が使う公算が大きいと思うのですが、フェイスブックの収益のほとんどが広告収入だし、今後もし、新たなSNSが出てきてフェイスブックやインスタグラムから乗り換えがおきたときにアクティブユーザーの維持が困難なるのではないかと思っているからです。


フェイスブックの今後の課題としては、インスタグラムやフェイスブックで消費者に魅力的なサービスを提供し続けられ、中国以外の新興国などの新たなユーザーを囲い込めるかにかかっていると思います。マーク・ザッカーバークがんばって!!


また、最近、バフェット氏が大幅に買いましたアップルも上値が重い展開が続いています。

24

アップルの場合は2月の急落に値を戻しました。RSIも55と買われ過ぎは示されていません。しかし、MACD線が下落気味になっていてシグナル線と近づいているのでデットクロスになる可能性があるため注意が必要だと思います。


アップルもわたしは今からの投資はちょっとどうなんだろうと内心思っています。それは、収益の7割がiPhoneになっており、脱iPhoneが必要だと思っているからです。新たなプラットフォームからの収益を今後は考えなければなりません。「App Store」や「iMusic」「iCloud」などからの収益に期待したいですね。



今後もiPhoneは売れ続けるでしょうが、買い替えする人が少なくなるのではないかとわたしは思っています。そうなればiPhoneは値上げせざるを得ず、新たな新興国などの顧客の囲い込みが困難になると予想しています。また、中国勢などの格安スマホなどが今後も多く出ることが予想され、格安なのに性能がよければ、消費者はそちらに流れるのではないかと・・・ここは、アップルブランドがどこまで対応できるかが問題になってきそうです。


しかし、アップルは莫大にキャッシュを持っているのでどこかを買収や新たなサービスを開始するとかうまくすれば、まだまだ成長できる潜在能力はあると思います。さて、ティム・クック氏にそれができるのでしょうか注目ですね。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク