こんにちは。Korutesuです。

反発でしたね。米中貿易戦争が対話ムードになりリスクオンになったと言われていますが、正直、まだなにも決まったいないので米中が貿易で水面下の交渉をしていると思いますが、それで解決したとは思えないなぁとわたしは思っています。

まあ、金曜の下げがきつかったので多少の反発ならわかりますが、なかなかの大幅反発でした。
QQQです。

01
50日線への挑戦です。

ボラティリティが金曜と月曜は大きかったですね。

わたしは、今日の相場はハイテク企業が牽引していると思っているので、ハイテク企業が落ちたら、相場的にはかなり悲観的なムードになってしまうのではないかと思っています。

なので、やはりハイテク企業には目を光らせて見ております。また特にFANG銘柄は欠かさず見ています。

フェイスブックとグーグルが特に不調です。アマゾンも2017年の勢いがなくなったように感じます。
それもそのはずだと思います。

AMZN2年チャートです。
18
2017年から2018年でアマゾンの株価は約800ドルから約1200ドルしかあげていません。1年で400ドルしかあげていないのです。しかし、2018年に入ると約1200ドルから1550ドルとわずか3ヶ月で350ドルあげています。これは明らかに上げすぎではないかと思います。

これからこの調子が続くとはちょっと思えないなと自分は思ってしまいます。このペースが持続するならば、3ヶ月で350ドルのペースで行くと、2019年までにアマゾンの株価は約3000ドルになります。これは明らかにおかしくなるので、今の状況は少しあげすぎではないかと個人的には思っています。

また、マイクロソフトは好調です。アジュールが好調なようでクラウド市場ではこれまではAWSが業界のナンバーワンだったのですが、アジュールが猛追をし、おそらくAWSを抜いたのではないかと言われています。確かに最近、日本でもアジュールの広告をわたし自身かなり見ます。

Microsoft2年チャート。
50


Microsoftは綺麗な右肩上がりのチャートをしています。2017年から2018年の間では約60ドルから約85ドルまで上昇しています。1年で25ドルの上昇です。また、2018年に入ってから乱高下を繰り返しながら上昇をしています。マイクロソフトの株価が100ドルを超えるかが見所ですね。にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク