こんにちは。Korutesuです。

まさしく、ジェットコースター相場です。昨日の相場は、はじめはロケットスタートで相場全体が緑でしたが、上昇が鈍くなりハイテク銘柄を中心に売られると、引けにかけて、ハイテクにつられて他セクターも売られました。

36
ダウは、200日線に再び接近してきています。2年チャートで見れば、ジリジリと少しづつ値が削れてきています。

この相場は、わたしはハイテク相場だと思っているのでハイテク企業の調子が悪くなれば、相場全体に悲観ムードが強くなり、あまり関係のないセクターまで売られてしまうと思います。

エヌビディアはウーバーの自動運転の死亡事故で試験運行中止を受けて、大幅に下落しました。
53
チャートを見る限りでは、強気トレンドは維持しているように見えますが、上値が重い展開ですね。押し目の状況ですが、短期的には上にブレイクするには時間がかかるような気がしています。しかし、長期的に見れば、仕込みどきであると思います。

GOOGLは、200日線を割ってしまいました。
05
グーグル自体は不祥事は起きていませんが、フェイスブックの問題の火種が飛んできている状況です。グーグルも広告事業が主力なのでフェイスブックに厳しい制裁や規制が出れば大きく値を下げる可能性も否めないのではないかと思います。また、ウェイモも自動運転での逆風に晒されており下落しています。

こちらも短期的には不安定な要素(広告事業への逆風的なニュース)が多く出てくると思うのでまだ株価が下落する可能性があるものの長期的に見たら、将来は明るいと思います。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク