こんにちは。

アメリカ株は年初来大幅に下落をしていますが、買い増ししたという記事を3月に入ってから見なくなりました。

2月初頭の急落では買いましたという記事がちらほらと見られたのですが、今回の急落では、買ったという方が少ないように感じています。

投資家心理を不安にしている原因はなんだろうかと考えた結果、
・今後、上げすぎによるさらなる下落が来るのではないか。
・トランプが11月の選挙まで保護主義の政策を打ち出したり、有権者の支持を集める行動を取る懸念。
・中国や、欧州、日本などとの貿易戦争への懸念。
・フェイスブックの情報懸念。
・自動運転の事故懸念など
・米国債利回りの上昇。
がいまの多くの投資家心理を不安にしている要因なのではないかと考えました。また、新たな懸念が出て来るかもしれません。

ネガティブな懸念が多く噴出している結果、上昇圧力がいま弱まっている状態なので上にブレイクするには、4月の四半期決算が良好で市場の投資家を安心する材料が出て来なければなりません。

予想では、順調だと予想されていますが、それが外れればさらなる下落は免れないでしょう。まあ、大丈夫だと思いますが。

また、トランプ大統領のトランプリスクというものは大統領の職についている限りつきものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク