Korutesuです。


昨日、PMを買いました。また、MOも買いました。

PM:88.95ドルで13株買い
MO:57.45ドルで20株買い



フィリップモリスは決算で投げ売られました。一時-17%と大暴落です。
MOも外部的要因で下げに下げて7%の下落を記録しました。
PMは決算失敗からのナンピン買いです。これが正しい判断かはまだわかりません。

MO:57.78
PER:16.22
配当利回り:4.85%

PM:85.64
PER:17.46
配当利回り:5%

多分、今回の暴落でやっと適正価格に戻ったのだと思います。(今までが買われ過ぎていた)



最近の、一部の生活必需品セクターは絶不調です。

KHCは65ドルで安いと言われていましたがまだズルズルと下げています。
48
ゼネラルミルズも決算後に大暴落しています。反発はまだでしょうか?
01
P&Gも優良株ですが、ズルズルズルズル下げに下げて2015年のチャイナショックと同じ水準の株価です。
09
PEPもかなり不調です。対してKOは国債並に株価は安定しています。
18
VDC生活必需品セクターは大きく下げています。10年債利回りの上昇ですかね?それとも業績悪化?ダブルパンチのようです。配当利回りは3%を越えています。
44

最近の生活必需品セクター全体で株価がジリジリと下げている様子なので予断を許してはならないと感じています。


32
チャートで見れば、お?割安と思えますが上記のような生活必需品全体で見れば、下落トレンドであることは間違いありません。
07
MOもまた同じです。75ドルをつけてからズルズルと下げに下げています。

一部の生活必需品セクターは2017年という上昇相場の恩恵は全てなくなりました。

しかし、タバコ株は配当利回り5%と魅力的水準です。配当利回りばかりわたしはみて買ってしまいました。

PMは今後、売上高次第で増配率がどうなるか決まりますが、値上げによるEPSの上昇でまだ増配余地は残っていると思っています。


対してMOは、5月1日の決算が重要です。PMの二の舞にならないことを祈ります。また、FDAの電子タバコの承認を未だに得られていないことが懸念点です。

何れにしてもわたしは割安水準ではなく、適正水準で買えたと思っています。

スポンサーリンク