Hello

きょうは、ぼくが今考えているポートフォリオを公開します。

なかなか考えましたが自分で納得がいっているポートフォリオになっています。

いきます!!!

SPXL:10%

VTI:15%

QQQ:25%

個別株(JNJ):10%

VWO:25%

IEMG:15%


こんなんです。ETFで分散しているので攻めのポートフォリオです。


え?レイダリオ氏のポートフォリオに似ているだって?そんなことないよ!レイダリオ氏はちょこっと参考にしただけです。


てか、この前買ってたMOとPMはどこに行ったんだよ?


あ、それはそうそうに損切りしましたよw


自分の判断があれは間違っていました。損失を最小に抑えたつもりです。


タバコ株は高配当で買ったけど、タイミング的に完全に自分の判断が間違っていたと思います。おそらくまだまだ下がると思い、そうそうに損切りしました。下がらなければ、ドンマイです。


日本の一部のおっさんは頑固なので電子タバコに乗り換えるのかちょっと疑問に思っただけです。


さてさて、このポートフォリオはかなり意外性のあるポートフォリオだと思います。


まず、SPXL。


レバレッジ3倍のものをポートフォリオに組み入れます。長期ではS&P500が上がり続けるほど高いリターンをもたらします。


また、自分は資金が少ないのでレバレッジはかけるとリターンが高くなるので面白いなと思い取り込んでいます。しかし、リスクも非常に高いため、10%くらいにとどめています。これくらいが自分のリスク許容度だと思います。


VTIはまあ、王道ですよね。説明不要だと思います。分散大事!


QQQは、アメリカハイテク企業は今後高いリターンをもたらすと確信しています。VGTも入れようか迷いましたが、QQQだけで十分ではないかと結論を出しました。


VWO.IEMG


これらは新興国ETFです。これからの世界経済の発展に大きく寄与するとぼくは思っていて、特に中国企業やインドや東南アジア企業はこれから目覚ましい発展をすると思っています。なので、これらの3つのETFだけで、ポートフォリオの半分を占めています。実際、2017年の相場はアメリカ株は素晴らしい成績でしたが、それよりも新興国(中国)の成績のほうがよかったです。


このような状況が今後も続くようであれば、新興国はポートフォリオに加えることは必須だと思います。しかし、リスクもつきものなのでそこらへんは自分のリスク許容度とも相談ですね。


あれ、債券は入れないの?と思うかもしれませんが、わたしはあまり債券は採用しません。債券を買うくらいなら、日本円で持っていたほうがいいのではないかと思っています。したがって、債券ではなく、キャッシュで保有がいいと考えています。



でも、今のところこのポートフォリオを完成させる気はありません。2019.2020年くらいに買い出動をしたいなと思っています。


FRBが利上げを継続する限り、株式には逆風が流れます。今年後半に3.5%来年4%まで行くかもしれません。


そこまで行く可能性があるのに今買う必要がないので、今はほとんどキャッシュでJNJだけポートフォリオにあります。


2019年にFRBが2回利上げするとわたしは見ていますが、長期金利が4%付近であるのに投資家は株式を買うのかちょっと疑問です。


なので今は様子見をしようと思っています。JNJはそのまま保有を継続です。


ある種このまま強気相場が継続した場合の多少のリスクヘッジです。ぼくはピークアウトしたと思っていますが、、、


とりあえず、今はタネ銭を増やすことに尽力します。


また、いいなと思ったらポートフォリオのデザインを変えるかもしれません。


スポンサーリンク