中国、ネット販売2位のJDドットコム。

JDは現在、16万人の従業員を抱えています。そのうち半分の8万人に減らす予定らしい。

現在抱えている16万人の従業員を将来は半分の8万人にする。しかも労働時間は1日2~3時間で済む。これこそAI技術に覆い尽くされた京東の描く将来像です。

残りの8万人は配達や倉庫管理の人員のため削減できる模様です。

また、ハイクラスの人材をヘッドハンティングし、欧州や米国にも研究センターを作る予定。

利益率上がりそう。。。



JDといえば、最近、決算を発表しました。

京東/JDの2018年第一四半期決算が発表された。売上は1001億元、前年比33.1%のプラス、利益は15億2000万元となり、これで8四半期連続で利益を計上した。しかしこの発表後、株価は下落した。その原因は利益率が予想を下回ったこと、研究開発支出の急増という。

第一四半期の研究開発費は前年比87%も伸び、売上比は1.7%から2.4%に上昇した。重点分野はAI、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、ブロックチェーンなどです。これらをフルに活用して、新たな物流を目指しています。

株価は急落中である。
FullSizeRender
下落トレンド真っ只中の銘柄。

アリババやテンセントやバイドゥよりもまだまだマイナーな企業ですが、個人的にはかなり伸びる企業ではないかと思ってます。

スポンサーリンク